お京都で潤ちゃん

本日もお越しくださいまして、ありがとうございます!

 

もう購読してくれた方が2名も!(嬉泣)

 

本当にありがとうございます!!!

 

 

簡単に現在の私の状況をご紹介させて頂きますと、

オーストラリアのゴールドコースト在住しておりまして

家はビーチまで歩いて徒歩3分


走ったら15秒!

 

 

f:id:aikohana:20200325122702j:plain

 

f:id:aikohana:20200325122722j:plain


このゴールドコーストは世界屈指のビーチリゾートですので、

ジャッキーチェンやさんまさんなど

名だたるスターたちの別荘地もご近所さんにありまして。

 

そんなところになぜ来れたのか…

 

 

すべては2016年、サッカー選手引退を決意した時までさかのぼります。

 

f:id:aikohana:20200325122741j:plain


福岡のチームで14年目のシーズンを迎えた闘魂アイコ

 

 

「あ、私の人生サッカーがすべてではない」

 

そう悟った?と言いますか、ぴーんといきなり?

 

 

なんだろう、、、、、頭に浮かんだ?

 

なんかこう言うと、スピリチュアル的な話になるんですけど

「そっちじゃないよ!いい加減気づいて!」

 

みたいな出来事が目の前で起き始めました。

 

 

 

もともと膝を怪我していて、5回目のオペが終わって退院後

 

「なんか手首いたいな~。でも折れたらもっと痛いと思うから大丈夫か」

 

と2か月ほど放置。(笑)

 

 

 

膝の診察ついでに

「手首痛いんで湿布くださーい!」と先生に言うと

 

先生 「一応レントゲン撮ってみる?」

 

 

からの

 

 

先生 「折れてるよ。これ放置してたら壊死していくやつだよ」と言われ

 

私  「え、もう腐ってる可能性大です~♪」

 

 

膝のオペから退院後、1週間でまた同じ病室、ベットに再入院。

 

 

毎週、膝にもヒアルロン酸をお注射してもらっておりまして

 

「せんせーい!それ鼻に打ってくださいよ~!鼻高くしたいな~!」

 

なんて冗談を言いながら、楽しく過ごそうとしたんですけど

 

 

やっぱり5年ぐらいうまくいかない時が続くと

 

強制シャットダウンを促してくる事件が

 

『手首腐りかけるの巻』以外にもたくさん起きまして。

 

 

「あ、こっちじゃないんだな~」という感覚に初めてなりました。

 

 

 

ただ本当に苦しかったのは、引退を決めた後で

 

 

 

自分の本当に好きなことや、やりたいことがわからなくなってしまっていて

 

 

そんな時に、よく読んでいたメンタルトレーニングの本にあった

潜在意識に働きかけるワークをやってみたんです。

 

 

久瑠あさ美さんの ”限界の壁をぶち破るマインドフォーカス” という本で

 

 

読みすぎてお風呂にまで持ち込み、湯船に落としたことは数知れず。

 

 

線引きまくりでどこが大切かわからないぐらい好きな愛読本。

 

 

 

『成功とは結果ではなく、逆境から這い上がる力』という言葉には

 

何度も励まされ、救われました。

 

 

新卒で入社した会社で開催されていた木鶏会で

 

”致知”(人間学を探求する雑誌)に出会い、

 

この頃から、なぜかダライ・ラマさんに心惹かれるようになり

 

 

チベット行くの夢だな~なんて思っていたこともあり……

 

 

いや、話それすぎました!

(でもこれだいぶ先につながる伏線になります)←ワンピースの読みすぎ

 

 

 

すいません!戻します!

 

 

 

 

ワークは16個の形容詞を書き出していくことから始まるんですけど

 

その結果、頭に浮かんだのは

 

 

高知の清流・四万十川のほとりにある祖父母の家で

 

祖父が私のために釣り竿の手入れをしてくれているイメージで

 

 

 

祖母が夕食を作っている台所からの包丁の音

 

消えかけの蚊取り線香の匂い

 

夏の夕暮れのセミの鳴き声など

 

5感がフルに稼働した状態の臨場感のあるイメージが浮かんできまして。

 

 

f:id:aikohana:20200325122821j:plain


見てくださいこの夏の夕暮れ


日本の原風景と言いますか


祖父母の家は私の

世界一好きな場所なんですけど



「あ、私やっぱりふるさとの高知が大好きだな」

 



「福岡の友達が高知に遊びに来てくれて、

案内するのわくわくして楽しかったな~!」

 

 

「車運転しながら、好きなとこ案内するガイドさんやりたいなー!」

 

 

「旅行会社みたいなことしたいなー!」

 

 

「世界中の人に高知の魅力を世界に発信したいなー!」

 

「高知に恩返ししたいな~!」

 

 

「語学留学しよう!」

 

 

「南の島行ってみたいし、セブに留学しよー!!」

 

「自分の人生、自分で好きなようにできるんだ!知らなかった!楽しい!」

 

 

 

ここからミラクルな引き寄せが始まりました。

 

 

 

 

一週間後、テレビを何気なくつけると

 

そこには長谷川潤ちゃんのお母さんが

ハワイでバンを運転しながら

 

ネイチャーガイドをしている様子が映し出されておりまして。

 

 

私がやりたいと想像してたことがそのまんまで

 

最高に素敵で、

 

 

「え、待ってパクられた」って思うほど

 

 

本当に想像していた自分のやりたいことと一緒すぎて、

こんなことあるんだなーーーって思いました。

 

 

 

 

その後すぐに地元高知で女子サッカーの指導をしてほしいという話を頂けまして。

 

(これも父がたまったま飲みに行った居酒屋の隣の席にいた

 

おじちゃんと仲良くなったことからがきっかけw)

 

 

高知にサッカーで恩返ししながらお金貯めて、2年後セブ行こう!

 

セブ行ったら、オーストラリアへワーキングホリデー行って

英語話せるようになろう!

 

 

ここまで、とんとんとーんと話が進みました。

 

 

教員の仕事が始まるまでに、たくさん時間があったので京都に旅行に行きました。

 

f:id:aikohana:20200325123009j:plain


f:id:aikohana:20200325123026j:plain

 

夜の祇園のきれいな街を友人とふらふら歩いていると、

 

 

目の前をベビーカーを押した

中東系のとてーも綺麗な女性が

前から歩いてきました。

 

 

 

 

 ãã—てすれ違うとき


 

ん・・・・・・・!!!!!!!!!

 

 

 

え!!!待って!!!

 

 

長谷川潤!!!!!

 

 

 



そうなんです。

 

 

たまたま行った京都で、

たまたま行った祇園で、

 

たまったま長谷川潤ちゃんに遭遇できたんです。

 

 

外国人の多い京都で

オフモードの家族旅行中の潤ちゃんには

 

私しか気づいていなくて

 

以上、

「もうこれって、将来ガイドやりなさいってことやん!導かれてる~!」



と大興奮して、


私の背中をどどーーーんと後押ししてくれた出来事でした。

 

 

 

 

これを機に、30歳まで海外に行ったことなかった私が

大冒険に出かけることになりました。

 

 

f:id:aikohana:20200325123136j:plain

 

人生何が起こるかわかりません(笑)


珍道中のスタートです♪


ここまで読んでくださってありがとうございました!


きっとまたすぐ更新します!

 

良い一日を☀