イカリの前兆

さかのぼること、16年前。

 

 

当時、私は16歳。

 

 

入学した福岡女学院が歴史のある学校で

 

創立1885年(明治18年)。

 

 

 

 

なんと今から135年前に

 

 

 

日本で初めて制服にセーラー服を

 

 

採用した女子高説のある学校でして、

 

 

 

 

 

 

セーラー服はもともとアメリカの水兵さんの

 

制服をもとにデザインされたもの。

 

 

 

 

制服の胸元には、

 

 

モデルになった水兵さんの制服に入っていた

 

船の錨(いかり)マークが入っていました。

 

 


f:id:aikohana:20200414082453j:image

 

こちら大正時代の大先輩のお写真。

 

 

 

 

今とほとんど?

 

というか全く変わっていなーい!

 

 

 

すごーーーーーい!

 

 

 

明治、大正、昭和、平成

 

 

そして令和.......

 

 

由緒正しき制服でございます。

 

 

 

 

 

加えて、この福岡女学院を

 

 

当時母体として活動していた私たちのチームは、

 

 

錨=アンカーから

 

 

 

アンクラスというチーム名で活動していました。

 

 

 

チームのエンブレムも錨マーク。

 

 

 

 


f:id:aikohana:20200414082537j:image

 

 

その時には、何も不思議に思わず。

 

 

 

 

毎朝礼拝の開かれる

 

聖域でもあります講堂。

 

 

 

その講堂内には、

 

ドイツから空輸されたと噂される

 

 

数億円するパイルオルガンがありましたが

 

 

 

その横を

 

 

 

 

由緒正しき制服をまくりあげ

 

 

 

髪を振り乱しながら爆走し、

 

 

 

 

 

 

昼休みに鬼ごっこばかりしていた私。

 

 

 

神さま、そして先輩たちごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのときには、胸に刻まれた錨マークが

 

 

どんな意味を成すのか知る由もありませんでした……

 

 

 

つづく