牛飼いアイコのアルケミスト

本日もお越し頂きまして

 

 

ありがとうございます☀

 

 

 

今日も私の占いによると、皆さん大吉です!

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのはこちら

 

 

世界的なベストセラーで不朽の名作 

 


f:id:aikohana:20200513093850j:image

 

 

パウロ・コエーリョさん著の

 

 

『アルケミスト ~夢を旅した少年~』

 

 

 

 

 

羊飼いの少年が

 

エジプトのピラミッドの財宝を目指して

 

 

旅をし、夢を追いかける冒険小説です。

 

 

 

私は小説を一切読めません。

 

 

なぜなら、集中力がないからです。

 

 

 

 

 

その私が初めて最後まで読めた小説。

 

 

 

 

 

これを勧めてくれたのはこの方。

 

 

 


f:id:aikohana:20200513093930j:image

 

闘魂すぎるGK 岸星美

 

 

 

このあと、絶対顔面蹴られてるし

 

 

 

 

 

それでも

 

 


f:id:aikohana:20200513095703j:image

 

 

 

 

突っ込む星美先輩は、もはや尊敬を超えて

 

 

面白すぎるなって思います(笑)

 

 

 

 

 

そんな星ちゃんが

 

アイコこれ面白いよ~♪と言って勧めてくれたので

 

 

 

すぐにamazonで注文。

 

 

 

「え~小説か~、、、」

 

 

 

なんて思いながら読み進めては3ページでは、まぶたが…

 

 

 

 

頑張って10ページまで進んでは、まぶたが…

 

 

を、繰り返しようやく最後にたどり着いた一冊。

 

 

 

短いのできっと皆さんなら2時間ぐらいで読み終わると思います。

 

 

 

 

まずこのお話の素敵なところは、

 

 

主人公が羊飼いであるところです。

 

 

 

 

 

 

私はなぜだか知りませんが、牧場が大好きで

 

 

 

 

なかでも牛が本当に好きで

 

 

(羊やないんかーい)

 

 

 

 

 

中学生の時の職業体験では、

 

 

 

みんなスーパーとかパン屋、ケーキ屋、学校とかを希望して

 

 

友達同士で楽しそうに行く課外活動なのに

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一人で牧場へ行きました(爆)

 

 

 

 

 

一応友達も「一緒に牧場で働かん?」って誘ってみたけど

 

 

 

(↑今考えたらこのセリフ面白いw

 

 

 

どんな誘い文句w)

 

 

 

 

 

「は?絶対いやだ」と言われまして。

 

 

 

中2の思春期真っただ中の女子たちは

 

みんな仲良くドラッグストアに行っておりました。

 

 

 

 

 

そんななか私は一人で牧場へ(笑)

 

 

 

 

 

動物大好きだけど、動物園より牧場なんです。

 

 

 

なんだろう……

 

 

 

一緒に暮らしてる感があるので、

 

 

きっと牧場が好きなんですけど

 

 

 

 

近くの山の上にあった牧場は断られ、

 

 

 

 

 

特別支援学校と併設している

 

牧場で働かせてもらえることに。

 

 

 

私は朝から晩まで牛さんたちのお世話がしたかったのですが、

 

 

 

学校の先生によると、

 

 

「障害のある方たちが暮らしているところだから、

 

 

牧場のことだけじゃなくて

 

 

 

そちらのお仕事も手伝わないかん

 

 

牧場の仕事は一日の内、1割くらい」

 

 

 

って言われて

 

内心、

 

「え、マジで嫌だ。

 

 

 

怖すぎるし

 

 

1人やし、無理無理無理」

 

 

 

と思いましたが、嫌だと言えない日本代表の私は

 

 

 

そのまま一週間そちらでお世話になることに。

 

 

 

その施設は山をかなり登ったところにありまして、

 

 

 

人目につかないようにされてるんだなっていう意図が

 

 

 

 

中学生の私にもわかりました。

 

 

 

 

正直、めちゃめちゃ差別心あったし

 

 

怖いって思ってました。

 

 

 

 

送ってもらった父の車から

 

 

「本当に嫌だ」と思いながら下車し、

 

 

 

ビビりながらとりあえず

 

とことこ建物に向かって歩いていると、

 

 

遠くから朝のお散歩をしていたであろう集団が‥‥‥

 

 

 

すると、おじさんぐらいの方が猛スピードで走ってきて

 

 

 

 

いきなりガバっとハグされました。

 

 

 

 

 

 

 

硬直。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごめんね~!ほらぁ~、○○さん!こっちこっち~♪」と言って

 

 

先生らしき方が引きはがしましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそのまま硬直。

 

 

 

 

 

 

 

「か、帰りたい…」

 

 

 

 

 

 

 

そこからスタートした一週間でした。

 

 

 

お昼休みには、嫌すぎて一人で部屋にこもって泣きました。

 

 

 

 

「牧場じゃないし、牛見れんし

 

 

 

ここにアポ取った先生まじで恨む」

 

 

 

 

 

そう思っていましたが、

 

 

 

 

 



最終日には


 




号泣しながら「帰りたくない"ぃぃ~~~~~」と言って

 




みんなに自分からハグしていた私(笑)

 

 

 

ころころ変わるし、

 

 

調子良いやつすぎる(笑)




 

 



怖かったのはただ "知らなかった” から。






その人たちがどういう人か 

 

 

”知らなかった” し、

 

 

 

 

”変わった人たちだ” って決めつけていたから。

 

 

 

中学生ながら、

 

 

"知らないことは、罪だ!!!” って胸が熱くなったのを覚えています。

 

 

 

 

知れば知るほど、みんな優しくて


 

 

あたたかくて。

 

 

 


いつも怒ってた不愛想なおじちゃんがいて



すごい怒られたり、嫌われたりしながらでしたが

 


お部屋を掃除したり

 

 

 

お食事のお手伝いをしたり

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず気に入られたくて一生懸命がんばりました。

 

 

 

そしたらスーパー仲良くなれて

 

 

 

 

大好きな牛のお世話タイムの時は、

 

 

 

 

立派なう○こを

 

 

誰がシャベルで一発で拾えるか選手権で盛り上がったり

 

 

 

 

放牧している牛さんが戻ってきて首輪をつけるときに

 

 

 

 

一番の荒くれものの牛にチャレンジしてみたら

 

 

思いきりアバラを頭突きされて

 

 

(たぶんこれでアバラ数本折れたw

 

 

 

放置してたらこの後10年ぐらいずっと痛かったw

 

 

 

自然治癒w)

 

 

 

 

みんなに爆笑されたり

 

 

 

 

 

 

きっとフィリピンで不愛想なポリスメンにめげずに

 

 

 

「アイラブフィリピン」て言えたのも

 

 

 

実は、みんな優しいはずって信じれたもの

 

 

 

このおじちゃんとの出会いのおかげだったのかなぁと思いました。

 

 

 

最終日、みんなと別れるときすごい悲しかったし

 

 

出会えて本当に良かったと思いました。

 

 

 

 

帰りの車の中で父に

 

 

なぜこんな人目につかない山奥に

 

 

隠されてるように施設があるのかと怒りの答弁をし、

 

 

 

大人たちは間違っている

 

 

 

 

私は彼らと近くで暮らしたい

 

 

 

みんなめちゃめちゃ面白い

 

 

関わらないと良いところも知れないし

 

 

 

 

ずっと誤解産んだままじゃん

 

 

ねぇ!お父さん!

 

 

 

と号泣しながら訴え、

 

 

 

そんな私の初日とは180度違いすぎる様子に

 

 

 

 

 

おい!このお調子者っ!とツッコむことなく、

 

 

 

 

 

 

ただただ笑顔で頷いて聞いてくれました。

 

 

 

 

 

 

職業体験を振り返る学校のレポート課題では

 

 

 

『私めちゃめちゃ差別してたし、

 

 

先生のこと恨みました。

 

 

まじで丑の刻参りしてやろうって思ってました。

 

 

でも最終日、たった1週間なのに

 

みんなのこと大好きになれました。

 

自然と涙が溢れました。

 

 

 

自分でもびっくりしました。

 

 

知らないこと、知ろうとしないことは良くないことなので

 

 

これからいろんな知識を身につけたいです』みたいな

 

 

職業体験とは全く関係ない答えにたどり着いた私(笑)

 

 

 

 

 

「これから色んな知識身につけたいです」とか言っておいて

 

 

高校生の時、勉強せず

 

 

居眠りと鬼ごっこばかりしていた私。

 

 

 

 

 

大学もさぼりすぎて

 

 

 

4年生のとき、12コぐらいテストあった私。

 

 

 

 

(よく卒業できたなw 強運w)

 

 

 

 

 

6次試験ぐらいある企業に

 

 

取締役の方々や社長面接オンリーで

 

 

 

ソウルメイトのヨーコちゃんと入社できた私。

 

 

 

 

6次試験の荒波を乗り越えてきた方々と比較して

 

 

全然能力足りないから

 

 

 

入社して焦ってパニックで困った私(笑)

 

 

 

 

そんな3年間の会社員時代では、

 

 

 

『到知』という素晴らしい雑誌に出会いました。

 

 

 

次回は、この『致知』の紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

ここまで書いてみて、

 

 

『アルケミスト』のことほとんど書いてないことに

 

 

気づきましたが

 

 

『アルケミスト』を読んで

 

 

 

"前兆” が起き始め、"旅” に憧れ

 

 

 

自分の好きなことして

 

自由に生きてみたいと強く思うようになりました。

 

 

 

 

世界的なベストセラーなので

 

きっと読まれたことある方も多いと思います。

 

 

 

 

読まれたことがある方も

 

 

 

もう一度読み返してみると面白いかもしれません。

 

 

 

 

 

というわけで、私も今からまた読み返します♪

 

 

 

 

皆さんものんびり素晴らしい一日を☀