いくよっち

おひさしぶりです!!!

 

 

 

 

この放置ブログ

 

 

 

終わったかと思ったでしょ?

 

 

 

 

私も終わったと思ってました。(笑)

 

 

 

 

 

 

3月末〜5月中旬までの約2ヶ月間。

 

 

 

 

カリスマニート生活を送り

 

 

無職を謳歌してました。

 

 

 

海や山で遊んでばかりいました。

 

 

 

 

そして5月中旬から

 

久しぶりにお仕事が再開し

 

 

 

腰バキ子になり

 


社会復帰に全パワーを

 

 

 

使い果たしておりました。

 

 

 

そしてたまに不安になり

 

 

占いに課金する日々を送っていました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

皆さまはお元気にお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

私は新しいチャレンジや出会いもあり

 

これもまた自分の中で

 

整理したいなって考えていますが、

 

 

ちょっと前にあった

 

不思議でおもしろかったことを思い出しました。

 

 

今日はそれについて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

さかのぼること2020年1月。

 

 

 

 

私は、2月下旬に帰国を考えていました。

 

 

 

入学時からの生徒たちの

卒業式に参加したくて。

 

 

 

誰にも何も言わず帰国して

 

 

しれ〜っと保護者席で号泣しようと

考えていましたが、

 

 

 

1月末に緊急で帰国しないと

いけなくなりました。

 

 

 

大好きな祖母のいくよさんが

永眠したためです。

 

 

これまでも奇跡の生還を果たしていた

いくよさん

 

 

 

ゴキブリも素手で叩くし

 

(小学生の頃の私と姉は爆笑)

 

 

 

七輪の中の火のついた炭も

手で触るし

 

 

(爆笑)

 

 

80代にもなって

山の斜面に登り草刈りをしていて

 

落下。

 

 

 

コンクリートの側溝に頭をぶつけ

レスキューで運ばれても

 

 

 

奇跡の生還。

 

 

 

脳梗塞でぶっ倒れ

致死率90%からも

 

奇跡の生還。(笑)

 

 

 

タフすぎるいくよさん。

 

 

 

そんな祖母もぽっくりいきました。

 

 

死後どんな様子か心配になった

 

 

おじが霊能者的な人に見てもらったら

 

 

 

「ぽっくり逝けてしあわせだったー!

 

みんなありがとー!!」

 

みたいなことを言ってたそうです

 

 

いくよさん。(笑)

 

 

 

父から知らせを受け

 

すぐにオーストラリアから

 

故郷の高知まで最短のルートを調べましたが

 

 

 

飛行機、夜行バスを駆使して

 

 

30時間はかかることが判明。(遠っ!w)

 

 

 

お通夜もお葬式も間に合わないかもしれない、、、

 

 

 

しかしありがたいことに

 

お仕事もお休みを頂けたので

 

 

すぐに帰ることに。

 

 

(こっちはまかせろって言ってくれて

優しさに号泣したのを思い出して

 

また号泣してます今w)

 

 

 

 

関空について、

 

電車で大阪駅まで移動中

 

 

 

 

「あ、今ごろお通夜か〜」

 

 

 

 

 

なんて思った瞬間。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふわふわと白い羽が

 

 

 

 

 

私の太ももに

 

 

 

 

 

 

ふんわりと着地。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:aikohana:20200608103514j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

「えっ、、、

 

 

おばあちゃん(泣)」と思って

 

 

 

 

 

 

 

友達2人にこのことをLINEしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人ともに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それ、ダウンの羽じゃない?」って

 

 

 

 

 

 

言われたという話でした😂😂

 

 

 

 

 

 

 

お葬式の会場についたのは、

 

 

葬儀が始まるちょうど1時間前。

 

 

 

 

 

ミラクル光。

 

 

 

 

 

 

号泣しながら母とハグし、

 

 

 

 

おそるおそる棺桶をのぞくと

 

 

 

満面の笑みのいくよさん(笑)

 

 

「え?わろーてはる!」

ってなって笑いました。

 

 

 

 

しあわせそうな顔してて

 

ちゃんと感謝とお別れ言えて

 

 

 

胸がいっぱいでした。

 

 

 

 

 

そして葬儀が終わってすぐに、

 

 

 

車を飛ばして勤務していた学校に向いました。

 

 

時間はすでに夕方の4時すぎ。

 

 

その日はたまたま

 

愛しの生徒たちが久しぶりに登校する日で。

 

 

 

 

たまたま

 

 

 

 

 

本当にたまたま

 

 

 

 

私が副担任をさせてもらったクラスだけ

 

 

 

まだ学校に残っていて

 

 

 

 

卒業式には参加できなかったけど

 

 

みんなに会えて

 

 

 

お導きみたいなものを感じました。

 

 

 

 

卒業式のある3月にはきっと

 

 

 

コロナの影響で帰れなかっただろうし

 

 

 

 

ミラクルだったなーって。

 

 

 


f:id:aikohana:20200608112358j:image

 

 

というわけで、

 

 

 

オーストラリアでも

 

 

ミラクル光生活ですので

 

 

 

 

フィリピン編に続いて

 

 

オーストラリア編もぼちぼち

 

 

のんびり?

 

 

 

フィーリングで?

 

 

 

 

 

忘れかけた頃に?

 

 

 

 

 

更新していきたいと思います🌿

 

 

 

 

 

皆さまも素晴らしい

 

毎日を送れますように☀