きのこ

オーストラリアでの生活が


1年半を迎えました。

 



よく永住権を持っている人に間違われるので

 

 

まだ1年半なのか!と


自分でも正直驚きましたが、

 

だいぶ生活にも慣れて平穏な日々を送っています。 




f:id:aikohana:20210605080809j:plain

1年半前、何もわからず

ドキドキしながら通った道も

 

 

今ではすっかりおなじみの帰り道になり、

 

お引越しも3回経験し、

 

海沿いのおうちから

 

 

内陸部の緑あふれるおうちへお引越ししました。

 

 

朝起きると、窓一面に緑。

 

 

 

自然いっぱいで、

 

様々な生き物も遊びに来てくれます。

 

 

とんぼ、トカゲ、バッタ、鳥………

 

 

こちら南半球は、これから冬になりますので、

 

 

葉っぱが赤く色づいていく様子なんかにもときめき、

 

 

 

風に揺れる木々のさわさわした音にもときめき、

 

 

ぼーっと窓の外を見るのが

 

日々の日課で癒しのひとときになっています。

 

 

 

そんなある日、

 

 

窓際に置いている観葉植物ちゃんをふと見ると、

 

 

f:id:aikohana:20210605075758p:plain 

 




きのこが生えていました。

 

 

「え!!!やだ!!!」と思って、すぐに引っこ抜こうとしたのですが

 

目の前で起きること、すべてに意味をつけたがる私は、

 

 

 

 

"スピリチュアル きのこ"で検索することに。

 

 

 

すると、きのこが生えるということは良い土壌の証拠で

 

 

スピリチュアル的には、きのこは妖精さんの家ということが書かれてありました。

 

 

 

 

もうこれは、目に見えないものを崇拝しまくる

 

私の大好物のお話だ!!!と思い、

 

 

 

 

 

「妖精さん、妖精さん

 

 

 

家賃払わなくていいから、住んでいいからね」と話しかけてみました。

 


f:id:aikohana:20210605080031p:plain

 

なんだか、ジブリの世界に入り込んだような

 

不思議な気持ちになったことを覚えています。

 

 

 

そして少し





ほんの少し目を離したすきに




 

 

 

まさかの

 

 

 f:id:aikohana:20210605075918p:plain

 

 

 

 

きのこが枯れていました。爆笑

 

 

いや、引っ越すの早すぎません?

 

 

 

ものの3分で、みるみる枯れたきのこハウス。

 

 

ショックでしたが、やはり人間に気づかれたら暮らせないのかと納得。

 

 

「おうち触ってごめんね

 

 

 

またいつでも戻ってきてね」と話しかけて、

 

 

 

 

数日が立ったある日。

 

 

 

 

 

ふと目をやると、

 

 

f:id:aikohana:20210605080340p:plain 


 

 


いや、みんな来て爆笑






やっぱり家賃取るよと言ったら





3分後には枯れました

 



完