コンパクトご近所ものがたり

 

 

皆さま、どうもこんにちは!!

 

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 


f:id:aikohana:20201203132747j:image

 

ご近所にある心地良いカフェで

 

大好きな仲間たちとけらけら笑える

しあわせな日々を過ごしております。

 

 

 

 

 

そして一昨日、

初めての美容室に行ったら

 

 

 

担当の美容師さんが

 

 

福岡ご出身の方で、よくよく話すと

 

 

まさかの妹ケイコの

 

 

お知り合いだったというミラクルが発生いたしました。

 

 

 

 

 

 

オーストラリアって

コンパクトすぎやしませんかい?

 

 

日本が21コ分入っちゃう広さって聞きましたけど

 

 

色々身近に準備されすぎてて

 

その広大さを未だに実感できておりませんので

 

 

 

いつかロードトリップをして

確認したいと思います。

 

 

 

 

そんなわけで、

 

2020年早くもあと1ヶ月を切りました!

 

 

どんな1年でしたでしょうか?

 

 

 

 

皆さまもミラクルは発生していますでしょうか?

 

 

 

私の2020年は、オーストラリアに始まり

 

オーストラリアで終わりました!

 

 

 

 

本当は10月に日本に帰る予定だったんです。

 

 

 

 

いや絶対帰るって決めてました。

 

 

 

なのにビザを延長して残ることに。

 

 

 

ギリギリまで迷いましたが、

 

 

 

 

迷いすぎて

 

 

 

 

 

頭おかしくなって

 

 

 

 

大切な人生の岐路なのに

 

 

もう

 

 

 

 

 

スリッパ飛ばして決めよう!!!と思って

 

 

 

 

 

 

 

 

深呼吸して

 

 

 

 

 

上向いたら『帰国』

 

 

 

 

下向いたら

『オーストラリアに残る』と決めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それーーーーーーーーーー!と飛ばしたら

 

 

 

 

 

 


f:id:aikohana:20201203132616j:image

 

 

 

 

横向きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆笑

 

 

 

 

 

 

 

 

余計に迷子(笑)

 

 

 

 

 

でも最終的に、

オーストラリアに残ると決断しました。

 

 

1番の大きな理由は、"サッカー"です。

 

 

 

 

 

5年前、現役引退するときに

もう正直サッカーボールなんて見たくないっていうぐらい

 

 

 

心も身体も疲れておりまして。

 

 

周りの皆さんは素晴らしい方々ばかりで

 

いまでも感謝の気持ちでいっぱいですが、

 

 

 

未熟者だった私は

 

自分を大切にできていませんでした。

 

 

 

「ずーーーーーーっと

サッカーをやってきたから

 

 

サッカーと全然違うことをやって

 

 

自分の好きに生きよう!!」と思っていました。

 

 

 

たまたまご縁を頂き、

 

地元の高知県で教員をすることになり

 

 

絶対にやりたくないと思っていた指導者も

 

 

 

 

暗闇の中、スマホのライト照らしながら

 

 

ボールを蹴っているピュアな子を見て

 

 

なんて私はおろかなんだ。

 

このピュアな子たちのために自分は何かできないか?と

 

 

心を洗ってもらえて

 

引き受けることに。

 

 

 

 

 

加えてメイクとかしたい

お年頃のギャルたちが

 

 

毎朝4時に起きて始発に乗って朝練をし、

 

 

練習中悔し泣きしながら

 

 

 

 

もっと練習したいとか言ってくれたり

 

 

 

 

 

 

怪我してしまった子のために

 

チームが一つになってサッカーができた

 

映画みたいな青春絵巻を見させてもらったりして

 

 

サッカーが大好きな子たちに

 

たくさん学ばせて貰えて、

 

 

 

私もサッカーが大好きになりました。

 

 

 

 

するとオーストラリアでも

 

サッカーの神様に導かれまして。

 

 

 

 

 

 

以前、ブログの中でもご紹介させて頂いた、親友のあさみちゃん。

 

 

あさみちゃんが、日本教室ひまわりという

子ども達に日本語を教える

ボランティアに参加しておりまして

 

 

 

私も3回ほど行かせて頂きましたが、

 

 

仕事などで行けなくなってしまい、

 

 

 

 

 

半年が経過したある日のこと。

 

 

 

 

コロナ渦中で仕事もなったため

 

 

 

新しいおうちにお引越しをしたんです。

 

 

 

 

そこのオーナーさんが

 

 

 

ジャスミンさんというおばあちゃんで

 

 

くれた鍵についていたのがこちら。

 

 

 


f:id:aikohana:20201203132641j:image

 

 

 

ブラジル代表10番のキーホルダー。

 

 

 

不思議だなぁ

 

 

これはウイイレに課金しなさいってことかな?

 

ぐらいにしか思ってなかったんですね。

 

 

 

 

 

その頃、ちょうど

日本語教室ひまわりさんから

サッカー教室をやってほしいと

ご依頼を頂きまして

 

 

 

サッカー教室を開催できることに。

 

 

しかしその日は、朝からまさかの豪雨。

 

 

 

 

延期するかどうか悩みましたが、

 

 

 

奇跡的にいい感じの屋根があるスペースがあり、開催できたんです。

 

 

 

 

 

その日、たまったま、

 

本当にたまったま

 

 

 

ボランティアに来ていたのが

北海道出身の環子(ワコ)ちん。

 

 

 

雨で延期していたら

 

会えなかった奇跡の出会い。

 

 

 

 

よく聞くと、

 

 

サッカーのためにオーストラリアへ来て

 

地域のリーグに参加している『ロビーナFC』というチームでプレーしているとのこと。

 

 

 

練習見学に誘われて行ってみると

 

 

 

 

 

 

練習場が

まさかの新しいお家から車で5分。

 

 

いや(笑)

 

 

 

 

 

近すぎません??

 

 

 

 

 

 

オーストラリアって日本の国土の21倍ですよね?

 

 

 

コンパクトすぎません?

 

 

 

 

 

そしてまさかの練習参加

 

 

 

 

 

からの、3日後にはまさかのAチームのレギュラー

 

 

 

しかもセンターバック(笑)

 

 

 

 

 

 

3年ぶりの90分ハーフ。

 

 

 

 

33歳、限界突破。

 

 

 

 

案の定、膝爆発。

 

 

 

 

 

 

だけど本当に楽しすぎて、

 

 

 

こんなにサッカーって楽しかったんだ!ってなりました。

 

 

 

チームの子たちも最強に面白くて、、、、、

 

 

 

 

つづく