父

日本はもうすぐ梅雨が明けて

 

 

夏がやってくると聞きました。

 

 

 

皆さんも、

 

 

 

夏が恋しい方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

私は日本の夏を、

 

かれこれ2年ほど過ごせておりませんので

 

 

 

 

とてもとても恋しいです。

 

 

 

 

 

夏の記憶と言えば、セミの鳴き声と

 

 

 

甲子園球児たちの熱い戦い。

 

 

 

扇風機のまわる音に、

 

 

 

 

 

 

 

蚊取り線香の香り。

 

 

 

 

 

お昼には、

 

 

そうめんかひやむぎを食べて、

 

 

 

 

 

漫画を読みながら、お昼寝をする

 

 

 

そんな夏休みの

 

 

帰省したある日の夕暮れの出来事。

 

 

 

 

 

"ピー――――――――ン、

 

 

 

 

ぽーーーーーーーーーん"

 

 

 

 

 

と、急にインターフォン。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとに少年たちの叫び声が続きます。

 

 

 

 

「コ――――チ――――!!

 

 

 

 

 

 

 

 

トカゲとってかまんーーーーー??」

 

 

(訳:トカゲをとって良いですか?)

 

 

 

 

 

私の実家の庭には、

 

 

以前、こちらのブログでもご紹介させて頂いた

 

 


aikohanada.hatenablog.com

aikohanada.hatenablog.com

 

 

 

 

あ、まちがえました

 

 

 

aikohanada.hatenablog.com

 

 こちらですね!

 

 

 

 

どちらも反響を大きく頂けましたので

 

 

 

読み返して見ましたが、

 

 

 

 

 

1年前の私、

 

 

ほんっとうに暇だったんだろうなぁw

 

 

 

 

20時間ぐらいかけて書いていたので

 

 

本当に暇だったんだと思います。

 

 

 

時間をくれて、ありがとう神さま

 

 

ちょっとサイコな母に

 

 

 

ひらめきを与えて

 

ご神木を植えさせてくれて

 

 

ありがとう神さま

 

 

 

 

ミラクルナオコによるグッドジョブで

 

 

 

幽霊たちの通り道に

 

 

伊勢神宮のご神木さんは

 

 

青々と茂り

 

 

 

もはや家よりも高くそびえ立ち

 

 

 

 その足元にはたくさんの木々も生い茂り

 

 

 

 

鳥の巣、ハチの巣、ミミズの巣をはじめ

 

 

見たこともない大きさの

 

 

トンボやクモたち、蝶々など、、、、

 

 

 

 

 

 

ガラパゴス諸島ですかい?というほどの

 

 

生き物たちの宝庫になっております。

 

 

 

そんな環境がトカゲくんたちも暮らしやすいのか

 

 

そこら中をちょろついております。

 

 

 

 

子ども達はそれを獲りに来たようでした。

 

 

 

 

 

すると、父が部屋の中から

 

 

 

 

 

 

「かまんよーーーーーー」と、レスポンス。

 

 

 

 

もう君は森の主ですかい?となりましたが、

 

 

 

 

 

 

そんな平和な日々を思い出した先日の父の日。

 

 

 

 

家族や大切な人に「Iove you」と伝えるのが

 

 

当たり前のフィリピンやオーストラリアに来て

 

私はこっ恥ずかしくて

 

そういうことをこれまで言えませんでしたが

 

 

いま素直に感じていることを

書いてみたいと思います。

 

 

 

 

父は今年で66歳になります。

 

 

 

福岡生まれの九州男児なのに

 

 

心にマシンガン?キャノン砲?を持つ

 

土佐の闘犬の母と結婚し、

 

 

 

お庭の造園設計のお仕事をしています。

 

 

 

 

木や花について質問すると

 

 

 

 

いつも嬉しそうに教えてくれましたが、

 

 

当時の私は全く聞いていなかったし

 

 

 

 

なんなら近所の男の子たちと一緒に

 

 

山を燃やして遊ぶ幼少期でした。

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい地球さん

 

 

 

 

 

私は幼少期、

 

 

うそをつきまくり

 

 

 

このように山を燃やして遊んでいたので

 

 

怒られたこともいっぱいあるけど

 

 

 

私たち3人娘の好きなことに関しては、

 

 

父は何も言わず、

 

 

 

ただただそこにいて

 

 

応援してくれていました。

 

 

 

 

 

サッカーのコーチをしている父ですが、

 

 

ああしなさい

 

 

 

こうしなさいと言われたことは1度もありません。

 

 

 

私が何か聞いても

 

「あんたの好きにしなさい」と

 

 

 

黙って観ているだけ。

 

 

 

そのせいか姉マイコは

 

 

ぶっ飛んだ人になり

 

 

私たち妹に、こうなっても

 

 

人生どうにかなるんだよということを

 

 

背中で教えてくれました。

 

 

 

 

 

はなだ家に生まれて良かったなあと

 

 

心から思います。

 

 

 

 

ありがとう父。

 

 

 

 

いつか必ず人の命は亡くなるので

 

それが明日かもしれないし

 

恥ずかしがらず

 

 

大切にしたいなと思い、このブログを書くことにしました。

 

 

 

柄にもなく

 

 

こんなことを書いて

 

 

 

 

私はどうしたんだろうか。

 

 

 

 

もっとふざけなければと思いましたが

 

 

 

 

最近、ちょっとまじめに

 

生き過ぎていたのかもしれません。(嘘)

 

 

 

 

f:id:aikohana:20210706103206j:image

 

 

もう少し、肩の力を向いて

 

 

 

のんびりゆっくり私らしく生きます。

 

 

 

 

皆さんの日々の暮らしの中に、

 

 

くつろげる時間や

 

 

ほっこりできる時間

 

 

 

心動かされる瞬間がありますようにと

 

願っております🙏



 

では、また☀️