アイライクグリーン

みなさん!

 

このブログをはじめて5日で

 

 

なんと!!!

 

 

 

1000PV達成しました!!!

 

 

 

 

 

どうしようー!!!!

 

 

 

身内ネタ書けなくなる!!(笑)

 

 

 

 

 

とかはなく、

 

きっとそのうち700回ぐらいは自分で見直した数です。

 

 

 

とにもかくにも、

 

 

今日もお越しくださってありがとうございます☀

 

 

 

 

 

 

 

前回は姉の話でしたが、

 

今回は私の友人リンリンについて。

 

 

 

リンリンとは高校に入学して

3年間同じクラスでした。

 

 

 

私は大自然いっぱいの

夏の部活帰りに橋から川に飛び込むぞー!みたいな

高知の中学校から

 

 

 

サッカーうまくなりたーい!と思って

福岡の由緒正しき女子校へ進学したわけですが

 

 

 

 

女子校ってすごい勝手なイメージですけど

 

 

 

 

いじめがひどいっていうイメージがあって

(ごめんなさい)

 

 

しかも中高一貫校で

 

高校から入学するのは数名。

 

 

県外から入学するなんて当時は私だけだったので

 

 

 

 

いじめられるの覚悟で

 

片側3車線道路にも「すごぉーーーい!」と

 

 

感動していたスーパー田舎っぺの私は

ビビリながら進学しました。

 

 

 

 

 

 

そして入学式当日。

 

 

 

 

教室のドアを開けると

 

 

 

 

都会の洗練された女のコたちに

 

 

 

 

ギャル?美女?!

 

怖っ!ってなって

 

 

恐怖で縮み上がったのを

 

 

 

この桜の季節に毎年思い出しますが

 

 

 

 

結果的に、みんな見た目に反して

 

 

すっごい優しかったんですけど

 

 

 

私はしばらく敬語使ってみんなと話してました。(笑)

 

 

 

 

その中でもひときわ面白くて

 

みんなの人気者だったのが

 

リンゴちゃん

 

 

 

リンゴっていうのはニックネームで

 

 

私はリンリンて呼んでたんですけど、

 

 

ある日

 

休み時間5人くらいで話してるときに

 

 

リンリンに

 

 

 

「実は明日からアメリカに留学するっちゃん

 

 

急にごめん

 

なかなか言えんやった」って言われて

 

 

 

「えっ.........うそやん...............」

 

 

 

ショックすぎて

 

 

一瞬で私は泣きました。

 

 

 

 

結局それはただのみんなグルになった

ジョークだったんですけど、

 

 

それぐらい面白くて素敵人物なんです。

 

 

 

 

そんな彼女は、大学卒業後

 

 

留学の斡旋のお仕事?(たぶん)をしていて

 

 

 

転職を決意した

 

 

英語ぺらぺらのリンリンは

 

 

アメリカのディズニーランドの求人を見つけたそうです。

 

 

 

 

そして東京へ集団面接へ向かいました。

 

 

 

 

そのとき会場には

100人くらいが集まっていて

 

 

 

全員スーツだったそうです。

 

 

 

 

 

でもリンリンは緑が好きだったから

 

 

全身緑で行ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

全身。

 

 

 

 

 

 

 

案の定、とてつもなく浮いて

 

 

 

他の人からは誰も話しかけられなかったんだそうです。

 

 

 

 

たぶん私もそこにいたら

 

 

 

あのシュレックみたいなやつなヤバいやつ何?!ってなっていたと思います。

 

 

 

 

 

面接は、5人ずつくらいで行われ

 

 

 

面接官は、映画『天使にラブソングを』の

 

ウーピーゴールドバーグみたいな

 

かっぷくのいいおばちゃん。

 

 

 

 

 

「じゃ、面接はじめまーす」

 

 

 

みたいな感じになったらしいですけど

 

 

 

 

 

「Wait.」

(ちょっと待ちなさいよ)

 

 

「Why are you green?」

(あなたなんで緑なの)?

 

 

 

 

と、いきなり少し怒りぎみで聞かれて、

 

 

 

 

頭真っ白になって、パニクったリンリン。

 

 

 

パにくりすぎて

 

 

 

「I like green」

(私は緑が好きです)

 

と、答えたそうです。

 

 

 

 

そしたらウーピーは、

 

 

「周り見てみなさいよ。

 

 

 

 

みんなスーツでしょ?

 

 

なのになんで?って聞いてるの(怒)」って。

 

 

 

 

 

 

全員の前で怒られたリンリン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに覚醒。

 

 

 

自分がシュレックなことは、わかっている。

 

 

 

 

しかし緑が好きだからって言って

 

 

 

怒られるということに

 

カチンときたらしく

 

 

「I like  green!

 

 

 

This is my style!(怒)」

 

 

 

 

って言い返したそうです。

 

 

 

 

 

そしたらウーピー、

 

 

 

 

手を叩いて

 

 

 

 

「いいわ!あなた気に入ったわ!

 

 

 

 

あなた合格よ❤」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、まじアメリカーーーーーーー!!!!!(笑)

 

 

 

 

 

っていう話でした!!

 

 

 

リンリンにはしばらく会えてないけど

アメリカにいて

頑張って暮らしてると思います。

 

 

私のセブ行きを後押ししてくれたのも彼女。

 

 

 

 

オーストラリアより愛を込めて

 

 

 

 

 

人になんて言われても

 

 

自分のスタイルって

 

 

自信持てるの魅力的だなって勉強になりました。

 

 

 

なんか良い話風にまとめてみたけど

 

 

アメリカって本当にすごい。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、

 

 

アメリカって面白いなーーーっていう話でした!

 

 

では、また!

 

みなさんお元気で〜〜〜🙏💛