アイラブフィリピン

5日で終わりかけたこのブログ

 

 

皆さんのFacebookのコメントも楽しくて

 

 

おかげさまで継続できてまーす!

 

 

 

 

今日も楽しい時間をありがとうございます☀

 

 

 

 

前回のセーフ大会の記事は、

 

 

 

我を失う勢いで楽しくなりすぎて

 

 

結局書き終わるまでに

3時間ぐらいかかりました(笑)

 

 

 

今日は書き終わるまでに

何時間かかるかな?

 

 

 

 

フィリピンのセブ島に行くまで

 

もっともったいぶりたかったですが

 

 

 

紹介したい変な人も

 

自慢の友人たちも

 

 

紹介したいなー!なんて思ってたんですけど

 

 

 

 

大変ありがたいことに

けっこーたくさんの方が見てくれているので

 

 

 

犠牲にするのは

 

 

 

 

姉と田頭陽子とリンリン

 

 

 

この3名だけにしたいと思います。

 

 

 

 

アーメン

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からは話を元に戻して、

 

 

30歳のスーパー人見知りが

高知をあとにして

 

 

初めての海外

フィリピンのセブ島へ

 

3ヶ月の冒険に出かけたお話に

入っていきます。

 

 

 

3ヶ月の語学留学でしたが

 

最終日まで本気でチケット捨てようか悩みました。

 

 

 

それぐらい人生最高に充実した毎日でした。

 

 


f:id:aikohana:20200401115051j:image

 

旅人たちの学校クロスロードでは

最高の出会いをたくさんさせてもらったので

 

 

 

 

また必ず遊びに行きたいなって思ってます!

 

 

 

 

そんな風に思える日がくるなんて

 

 

 

入学した当初の私はつゆ知らず。

 

 

 

 

 

 

なぜなら

 

セブに到着してたった一週間で

 

 

天賦の才であるドジさを

発揮してしまったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校のスタッフさんが呼びかけてくれて

 

 

 

海上生活をしている

バジャウ族のみんなに会いに行こうツアーに出かけました。

 

 


f:id:aikohana:20200401115152j:image

 

 

 

 

 

振る舞ってもらった手作りのお酒を

 

 

ちょっと怪しい感じはしましたが

 

 

 

 

 

 

豪快に一気飲み干させて頂きました。

 

 

 

 

美味しかったですし、

 

 

高知県代表としての

 

もらったお酒は、全部飲む

 

 

母から受け継がれたDNAが仇となり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、秒で気持ち悪くなりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

帰りのタクシーで爆睡。

 

 

 

 

 

 

タクシーを降りて、

 

 

ほろ酔い & 眠気まなこな中、

 

自分の部屋にてくてく歩いていて

気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ポッケに入れてた

 

スマホがない!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーチサンダルと足って

 

こんなにも一体化するの?っていうぐらい

 

 

 

本気ダッシュをして

 

 

 

タクシーを探したけど

 

 

 

もう走り去ったあとで見当たらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本だとタクシー会社に電話をしたりすると

 

持ってきてくれたりしますが

 

 

 

ここはフィリピン。

 

 

 

 

 

 

 

忘れ物は天からの恵み。

 

 

 

 

 

ボーナスをありがとう神さま!

 

 

 

 

となる訳です。

 

 

 

 

 

 

だからタクシーの運転手さんにボーナスあげた!イエーイ!って

 

 

ポジティブに捉えようとしたけど

 

 

 

 

 

 

 

全然思えませんでした。

 

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだけ課金して

 

 

 

必死で育てたウイニングイレブン............

 

 

 

 

私の闘魂ドリームチームが..............

 

 

 

 

 

 

 

儚く消え去ったからです。

 

 

 

 

 

(思い出の写真とかでは全くない)

 

 

 

 

 

毎日の楽しみで生きがいだったのに。

 

 

 

メンバー揃えすぎて

 

 

 

スタメン決めるだけで

 

 

楽しくなりすぎて

 

 

 

全然試合までいかないぐらい

大好きなチームだったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシーオヤジめ!!!(怒)

 

 

 

 

 

 

 

いや、ドジな私が悪いんです。

 

 

きっと神さまが

 

 

 

あんたフィリピンまで行ったのに

 

 

 

部屋でゲームばかりせず

 

 

 

 

出かけなさい!って

 

天罰を下してくれたんだと思いました。

 

 

 

 

そして英語をイエスかノーしか話せない私は、

 

 

警察署へポリスレポートをもらいに行くことになりました。

 

 

 

 

ちなみにフィリピンのセブ島は

 

英語とビサヤ語が公用語で

 

 

 

みーんな英語話せるんです!

 

 

 

 

せっかくだから

冒険してみようと思って

 

 

スーパービビリなのに

1人で警察署まで行くことにしました。

 


(いや、本当に自分でも

 

私勇者だったなって思います)

 

 

それをフィリピン人の先生に話すと

 

 

「私が警察署に電話をして

事情を説明しといてあげるね!」と

 

 

電話をかけてくれて

 

私にカンペを書いてくれました。

 

 

 

 

本当に優しいんです先生たち。

 

 

 

 

そして歩いて1時間ぐらいのところにあった

警察署へ到着しました。

 

 

 

警察署と言っても

 

 

なんだろう............

 


f:id:aikohana:20200401072344j:image

 

 

んーと、、、、バイク屋さん?

 

 

 

 

 

こんな感じなので、迷いました。

 

 

 

 

そして入口はこれ

 


f:id:aikohana:20200401072731j:image


誰んち?みたいな。

 

 

 

でも中に入ると、ちゃんと牢屋とかあって

 

 

捕まってる人に

 

投げキッスされましたので

 

 

 

飛んできたやつかわしときました。

 

 

 

バイク屋さ、

 

 

じゃなかった警察署の中には

 

警察官が3人いて

 

 

 

 

全然働いてませんでした(笑)

 

 

だから「ハーイ!」って話しかけたら

 

 

 

 

無視!

 

 

 

 

 

え?シカト?

 

 

すごいふんぞり返って

おしゃべりしながらしゃべってるけど

 

 

忙しいのかな?

 

 

よし10分ぐらい待ってみよう

 

 

 

 

待ってみた結果

 

 

 

 

3人の中でも超無愛想なポリス

(以下、おこりんと呼びます)に

 

「あん?何しに来たの?」的なことを

 

ようやく言ってもらえて

 

 

受け入れの儀式を通過できた嬉しさで

なぜだかテンション上がった私は

 

カタコト英語で

「ポリスレポートくださーい♪」って言ったら

 

すごい馬鹿にされて笑われました。(笑)

 

 

 

 

で、先生の書いた紙渡したら

 

「は?何これ?怪しいな〜」と

すごい疑われはじめ

 

 

おこりんは、ずっと私に何かをしゃべってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーリー?

 

 

 

ソーリー?

 

 

と何度も聞き返す私に

 

嫌気がさしたおこりんは

 

 

 

 

ついにビサヤ語で話はじめ、

 

パソコンを打つ手を止めました。

 

 

 

 

 

「あ、完全にキレたな」

 

 

それはわかりました(笑)

 

 

 

 

 

 

追いこまれた私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んー、どうしよう

 

 

 

 

泣きそうになりながら

知ってる英語を総動員して

 

気分をよくしてもらおう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アイラブフィリピーーーーン!!!」

 

「ユーアーソーカイーーーンド!!!」

 

 

この2つのみを繰り返し言いました。

 

 

 

全然優しくないおこりんが

 

優しくなってくれるって信じて。

 

 

 

「アイラブフィリピーン!!!!」しか言えない留学生

 

 

ますます怪しいけど

 

 

 

 

どうにかその後

 

 

 

信じてもらえ、

 

 

 

 

最後にはハイタッチして帰れて

 

無事

ポリスレポートをもらえました!

 

 

っていう話でした。(笑)

 

 

 

 

人生どうにかなりますね!

 

 

この事件でちょっとアクティブになれた私は

 

 

 

私的には大冒険だった

 

 

 

 

1人旅にでかけます!!

 

 

 

そこでも小さなミラクルが

たくさん起きました。

 

 

次回まとめたいと思います!

 

では、皆さんも忘れ物には気をつけて

 

素敵な一日を☀